+ing People Surf+ing 波に触れることで、自分と対峙できるサーフィン 一般社団法人 サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン代表理事 松原広美さん

+ing People Surf+ing 波に触れることで、自分と対峙できるサーフィン 一般社団法人 サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン代表理事 松原広美さん

「環境に配慮しているけれど、乗っていて気持ちいいクルマが理想」 「環境に配慮しているけれど、乗っていて気持ちいいクルマが理想」

海の近くに住まい、趣味のサーフィンを楽しみながら、海岸の環境保全活動に携わる松原広美さん。
プライベートも仕事も海とともにある彼女の理想は、シンプルで魂にとって心地よい暮らしを追求することなのだといいます。
職業柄、環境への負荷も気になるけれど、ライフワークであるサーフィンに必須のラゲージルームも確保したい。
加えて、自分の暮らしを構成するアイテムとして、デザインに心地よさを感じるクルマであるかも大切ーー。
そんな松原さんのセンスには、New Golf Variantがフィットします。 海の近くに住まい、趣味のサーフィンを楽しみながら、海岸の環境保全活動に携わる松原広美さん。
プライベートも仕事も海とともにある彼女の理想は、シンプルで魂にとって心地よい暮らしを追求することなのだといいます。
職業柄、環境への負荷も気になるけれど、ライフワークであるサーフィンに必須のラゲージルームも確保したい。
加えて、自分の暮らしを構成するアイテムとして、デザインに心地よさを感じるクルマであるかも大切ーー。
そんな松原さんのセンスには、New Golf Variantがフィットします。

まるで生活の一部のように、日常として楽しむサーフィン

「私にとってサーフィンは趣味であり、仕事と関わりが深い存在であり、ライフワークのようなもの。もはや、生き方と言ってもいいかもしれないですね」
ほどよく日焼けした肌と穏やかな笑顔で、こう語ってくれた松原広美さん。およそ3年前に住まいを東京から千葉の外房エリアへと移し、現在は一般社団法人「サーフライダーファウンデーションジャパン」の代表理事を務めています。活動内容は、サーファーやボディーボーダーなどの海を愛する、利用する人の視点から、海岸の環境保護を行い、またそのための調査や子どもたちへの環境教育を行うなど多岐に渡るもの。いわば彼女のライフサイクルは、オンもオフもサーフィンとともにまわっているのです。
「暖かい季節はほぼ毎日ですが、平均して2〜3日に1度のペースで、家を出るときにクルマにサーフボードとウエアを積み込んで、仕事前にサーフィンを楽しんでいます。波のコンディションがいい日だと、あと1本だけ…なんて自分に言い訳をして、ズルズルと波に乗り続けてしまうこともありますね(笑)。そのままオフィスに直行して、備え付けのシャワーで身支度を整えてから仕事をスタートします。陽が長い夏場だと仕事帰りにも海に立ち寄って、1日2回サーフィンをすることも少なくありません」
そのため、彼女の生活にとって、クルマはサーフィンと同じくらい欠かせない存在だといいます。
「このエリアは買い物に行くのも、ちょっと外出するのもクルマが必須。大好きなサーフィンに行くときはもちろんですが、通勤時にも必要ですし、打ち合わせのために都内まで高速を走らせることもあるし、乗らない日はないですね」

日々サーフィンをするなかで、海が教えてくれること

1年の半分近くの日数海に入っても飽きないというほど松原さんを魅了するサーフィン。その魅力を尋ねると「楽しいことはさらに楽しく、喜びは倍にするようなポジティブなスパイラルを生んでくれるから」という答えが返ってきました。
「サーフィンをしていると自分の小ささや無力さに気づかされることも多いし、多少の悩みは吹き飛びますね。海は誰に対してもオープンでフェアです。サーフィンの腕前や、経験、体力の差はあっても、サーフボードがあれば、海は自由に楽しませてくれます。同じことが人生にもいえて、本当に大切にしたいモノ、自分を本当に喜ばせてくれるために必要なモノなんて そんなにはない。人生もシンプルでいいのだと教えてくれます」
そんな波と対峙する暮らしを通じての体験が、現在の仕事に就くきっかけにもなっているのだといいます。
「サーフィン中に、海や海岸の保全の必要性を肌で感じることは多いんです。この環境があってこそサーフィンもできるということを意識しながら、いまできることを少しでも還元していく。それは海や自然の恩恵を受けている私たちの責務だと思います」
そんな海をはじめとする自然を持続可能なものにするためには、自分に無理のない形で環境に配慮したライフスタイルを送ることが大切なのだとか。
「たとえば日焼け止めやヘアオイル、サーフボードに塗るワックスなどは海に直接溶け出すものだから、オーガニック由来のものを使うようにしています。クルマの場合は、少しでも燃費がいいものを選びたいですね。そういう意味では、New Golf Variantは私にとってちょうどいいクルマなんじゃないかな。サーフボードがラクに詰めるし、海辺や田舎道でもストレスなく走ることができて、外見的にもフィールドに似合うスタイルを持っている。かなり理想に近いですね」
決して無理をせず、自分にできる範囲のことに自然体で取り組むーー。そんなシンプルなライフスタイルを送ることが、この自然環境を持続可能なものにしていくのかもしれません。

環境のことを考えた燃費のよさと、たっぷりのラゲージルームが魅力のNew Golf Variant

環境には配慮したいし、海辺や山を気持ちよく走りたい。そんな松原さんには低燃費と走る楽しさを両立するステーションワゴン、New Golf Variant。未来の地球のことと毎日の快適なドライブを考えてつくられたエンジンは、21km/ℓ※1という低燃費と心地よい走りを提供してくれます。加えて、605ℓ※2の大容量ラゲージルームにはスイッチひとつで後部座席を倒せて、女性の松原さんでもカンタンにサーフボードを積むことができる工夫も。
「友人の岡部亜紀ちゃんとは、毎朝誘い合わせてサーフィンに繰り出す仲。オフィスのある建物も同じだし、まるで小学校の通学路が一緒の友だちのような感覚でほぼ毎日会っていますね(笑)。どちらかのクルマに乗っていい波を探しに出ることもあるから、充分なラゲージルームがあるクルマは魅力です」
※1 TSI Comfortline
※2 ISO測定法による。ドイツ公表値

松原広美 / Hiromi Matsubara
松原広美 / Hiromi Matsubara

1978年千葉県生まれ。学生時代からサーフィンに親しむ。外資系金融機関勤務を経て、インターネットメディア「greenz.jp」の立ち上げに尽力したのち、2011年に一般社団法人「サーフライダーファウンデーションジャパン」の代表理事に就任。それと同時に住まいを千葉の外房エリアへと移し、いつもサーフィンがそばにある暮らしを営んでいる。

RECOMMEND

Hiromi Matsubara

豆乳アサイースムージー。「朝のサーフィンに出かける前など、軽くお腹に入れておきたいときによく作るのがこのスムージー。材料はできるだけオーガニックのものや地元産のものを使うようにしています。このほかに季節のフルーツを加えてもおいしいです」

レシピの詳細はこちら

友達に教える FaceBook Twitter

房総サーフィンスポットベスト 3

一宮海岸
ホームポイントでもあり、オフィスのすぐそばでもあり、一年を通して波乗りができます。

マリブ/勝浦
普段は波がないのですが、台風のうねりが入るといい波がブレイクします。

マルキ/鴨川
冬の九十九里近辺は水温が下がるので、南房総に下ることが多いです。風向きやうねりの向きによって反応しやすいポイントでもあるので、よく入ります。ヤシの木があって、水温も暖かく、水もきれい。砂浜も北に比べると白いので、南国風の景色を楽しめます。