+ing People Play+ing ストリートから発信する新しいフットボールカルチャー 「LUZeSOMBRA」(ルース・イ・ソンブラ)ディレクター ソーシ・サンビスタさん

+ing People Play+ing ストリートから発信する新しいフットボールカルチャー 「LUZeSOMBRA」(ルース・イ・ソンブラ)ディレクター ソーシ・サンビスタさん

「求めているのは知性・創造性・タフネスが融合したクルマ」 「求めているのは知性・創造性・タフネスが融合したクルマ」

『地球とボールで遊ぶライフスタイル』をコンセプトに掲げるスポーツファッションブランド
「LUZeSOMBRA」(ルース・イ・ソンブラ)のディレクターを務めるソーシ・サンビスタさん。
オフタイムにはフットサルのプレーヤーとして世界大会でも活躍しています。
アクティブかつクリエイティブな日々のなかで、クルマは自宅とアトリエ、ピッチを結ぶ移動手段として欠かすことのできない存在。
理想とするプレースタイル同様「知性・創造性・タフネス」をクルマに求めているソーシさんには優れた環境性能、
スタイリッシュなデザイン、高い安全性などが調和したNew Golf Variantがフィットします。
『地球とボールで遊ぶライフスタイル』をコンセプトに掲げるスポーツファッションブランド
「LUZeSOMBRA」(ルース・イ・ソンブラ)のディレクターを務めるソーシ・サンビスタさん。
オフタイムにはフットサルのプレーヤーとして世界大会でも活躍しています。
アクティブかつクリエイティブな日々のなかで、クルマは自宅とアトリエ、ピッチを結ぶ移動手段として欠かすことのできない存在。
理想とするプレースタイル同様「知性・創造性・タフネス」をクルマに求めているソーシさんには優れた環境性能、
スタイリッシュなデザイン、高い安全性などが調和したNew Golf Variantがフィットします。

フットサルを通して、人と人の繋がりや自然との調和を広めていきたい

「僕がつくりたいのはファッション・音楽・アート・フットサルを内包したハイブリッドなストリート・カルチャーなんです。日本ではまだなじみが薄いですが、海外に行くと、みんな道ばたや公園で、思い思いのファッションでフットボールを楽しんでいる。アートや音楽なんかを織り交ぜたイベントも盛んですね。その自由でクリエイティブなムードを日本にも広めていきたいと思っているので、アパレルだけじゃなく、知性や創造性を刺激するようなカルチャーイベントやマガジンの製作なども行っています」と語るソーシ・サンビスタさん。ブランドコンセプトは『地球とボールで遊ぶライフスタイル』。
「スポーツはどれも素晴らしいですが、特にフットボールはボールひとつで地球上のどこでも誰とでもすぐに楽しめるのが魅力。人と人との繋がりだけじゃなく、自然と調和することの大切さも伝えていきたいと思っているので、オーガニック/リサイクル素材、グリーン電力の使用など、可能な限りエコに配慮したブランド活動を行っています。ただ、それを前面に押し出したりはしません。スタイリッシュなアイテムや楽しいイベントが実はエコだった、というくらい自然なものでありたい。フォルクスワーゲンはそれを体現しているブランドとしてシンパシーを感じます」
ソーシさんが共感するのは、フォルクスワーゲンの「Think Blue.」という環境哲学。クルマづくりにおいてエコを追求するだけでなく、人とクルマと地球がもっといい関係になるための様々な活動を実施。無理なく楽しく取り組めるプロジェクトを通し、環境にやさしいクルマ社会を目指しています。
※「Think Blue.」について詳しく知りたい方はこちら

進化するためには、好奇心を持ってアクティブに動き続けること

学生時代はサッカーに没頭し、今でもオフタイムにはプレーヤーとして活躍するソーシさんは、世界大会での準優勝経験もある実力派。仕事終わりにはボールとウェアをクルマのラゲージに放り込み、仲間を乗せてピッチへ直行。週末には試合やイベントに参加するため、日本全国を縦横無尽に駆けめぐっています。
「毎日使うクルマはファッション同様、自分のスタイルを決定づけるものだと思ってます。だからデザインにはこだわりたい」といいます。
「僕がウェアをデザインするときに最も大事にしているのは、存在感。気負っていないのに『なんか違うな』と思わせるような、洗練された個性を着る人に与えたいんです。このクルマも、躍動感のあるスタイリッシュなフォルムと絶妙なカラーリングで、シンプルなのにパッと目を引く存在感がありますよね。理屈じゃなくて『お、カッコいい!』『乗ってみたい』と直観的に思える。このワクワク感は、デザインにおいてとても重要だと思います」
ファッションもフットサルもクルマもすべて「自己表現」と捉え、常にスタイリッシュであることをポリシーに掲げているソーシさんですが、それが“見せかけ”にならないのは、影に人知れない努力があるから。今は「OVER40の世界大会に出場する」という目標のために、様々な角度からフィジカルとメンタルを鍛えて続けています。
「同じことばかりやっていても進化していきません。だから、サーフィンやヨガ、スケートボートをトレーニングに取り入れてバランスよく心身を鍛えるようにしています。フットサルトリップや海外チームとの親善試合を行うことで、いろいろな人のプレースタイルを学べるし、スキルも磨かれていく。好奇心を持ってアクティブに動き続けることで、誰にも真似できない自分だけのプレースタイルが創れると思っています」

さまざまな価値が高い次元で融合したNew Golf Variant

そんなソーシさんが理想とするプレースタイルは「知性・創造性・タフネスの三位一体」。それはクルマに求める条件にぴたりと重なります。
「クルマに求める知性とは環境性能、創造性とはデザイン、タフネスとは鍛え抜かれた頑丈なつくり、ですね。New Golf Variantはその3つがバランスよく備わっていると思います。走行性能を損なうことなく低燃費を実現した点は未来を見通す知性があるからこそだと思うし、時代を超えて愛されるクルマを生み出すフォルクスワーゲンのデザイン哲学にはクリエイティビティを感じます。ドアの重厚感もいいですね。ボディ剛性が優れていることがダイレクトに身体に伝わってきて安心します」と運転席に乗り込み、そのクオリティを確かめるソーシさん。
「フットサル道具を載せても余裕のあるラゲージルームをはじめ、いろいろな機能や工夫が詰め込まれているんだけど全体的にシンプルにまとまっている。走りも気持ち良いし、ピッチに向かう間に気分をグンと高めてくれそうですね」

ソーシ・サンビスタ / SOHSHI SUNViSTA
ソーシ・サンビスタ / SOHSHI SUNViSTA

1979年横浜生まれ。学生時代はサッカーに没頭し、少数民族と出会う旅やキリマンジャロ登頂などを経て、2005年フットボールカルチャーブランド「LUZeSOMBRA」を立ち上げる。ウェアのデザイン、カタログ・広告・映像・ZINEの製作、イベントを通じて新たなフットボールカルチャーを創造している。

RECOMMEND

SOHSHI SUNViSTA

知性と創造性を刺激する
フットボールカルチャー誌

「LUZeSOMBRA」が発行するフットボールカルチャー誌『LiFE AS A JOURNEY ZINE』。僕自身が国内外を旅し、体感した現地のフットボールカルチャーをグラフィックと文章で紹介しています。仲間のDJがミックスしたオリジナルのCDがついているので、それを聴きながらページをめくってみてください。創造性豊かなプレースタイルやライフスタイルのヒントがきっと見つかると思います。

同誌の詳細はこちら

友達に教える FaceBook Twitter